PROJECT

Since 2014, Sakurai has been traveling around the world, photographing nudes of all ages and genders in many of the countries he has visited, practicing real communication that transcends race, language, and culture. He is currently based in Dusseldorf, Germany, where he is engaged in research and artistic activities related to the nudism movement. In the future, Sakurai hopes to share the skills and thoughts he has developed through his experiences and activities with the younger generation of artists, and to contribute to their education. In addition, I would like to broaden my creative activities into creative fields of expression around photographic expression.

櫻井は、これまで写真表現を追求する中で独自の世界観を構築し、国内外で多くの評価を得ている。2014年から、櫻井は、世界中を旅し訪れた多くの国々において、年齢 性別を問わずヌード写真を撮影、人種 言語 文化を超えてリアルなコミュニケーションを実践してきた。現在は、デュッセルドルフを拠点として裸体主義運動の研究と芸術活動を行っている。今後は、これまでの経験や活動によって培った技術や思考をより若い世代のアーティストと共有し、彼らに教育の側面から加担したいと思っている。さらには、写真表現の周辺にあるクリエイティブな表現領域へ自身の創作的な活動の幅を広げていきたいと考えている。

 

 

 

EDUCATION

In today's society, where even the boundary between reality and virtual reality is blurred, even the perception of reality itself is now skeptical. And if we limit ourselves to photographs, the vast number of digital images that circulate on social networking sites, retouched or unintentionally deformed by applications, have not only lost the 'realism' that photographs used to have, but have also destroyed their authenticity. But the times have moved on. But the times have moved on. The new trend of young people who dare to take "straight pictures" on film is not to be missed. This movement, which at first glance seems to have reverted to the old style of "straight photography", has transformed itself into something different, but at the same time it has strengthened its meaning and will continue to develop in its own way. Sakurai would like to be part of this from an educational point of view.

The act of taking a camera and photographing an object is to create an image directly from its substance. The desire to give form to the solid impressions one sees and captures with one's own eyes is a universal desire unique to human beings. In order to distinguish clearly between what is real and what is not, the peculiarity of "straight photography", which forces us to confront the object, will once again be at work. The time is in transition, when human relations have been diluted for a long time and are now in the process of expanding into a new reality.

現実と仮想現実の境界すら曖昧な現代社会において、実体そのものを現実のものとして認知することでさえ今や懐疑的だ。さらに写真に限定すれば、SNSを錯綜する膨大な数のデジタル画像は、アプリケーションによってレタッチされ、あるいは意図せずデフォルメされ、本来写真が持ち得たはずの ‘写実’ 性を失ったばかりか、信憑性をも破壊してしまった。しかし時代はその先へ加速している。敢えてフィルムで “ストレート写真” を撮る手段を選ぶ若者達の新しい動向は見逃せない。一見、回帰したように思えるこのムーヴメントは、従前の “ストレート写真” とは違った性質に変容しながら意味合いは強化され、今後、さらに独自の発展を遂げることだろう。櫻井は、こうした流れに同調し、参画するために写真教育プロジェクトを立ち上げる。

カメラを持ち対象を捉え写真を撮る行為は、実体から直接的にイメージを生み出すことである。自分の目で見て捉えた確かな印象を形に表したいという欲求は、人間特有の普遍的な欲望である。現実とは何か、今、明確にそれを区別する為に “ストレート写真” 特有の対象と向き合わざる得ない性質が再び機能するだろう。時代は、人間関係が希薄化したこれまでの時間を反動にして新たな現実へと膨張する過渡にある。

 

This photography education project aims to maximize the potential of photographic expression by utilizing the individuality of young artists, and to approach the world through domestic and international competitions, exhibitions, publication of photo books and portfolio production. In addition, we will discuss and explore new means of presentation. We will fight together until we reach the final form of our work.

Sakurai is currently holding regular sessions in Dusseldorf, Germany, where he shows and discusses his photographs and offers advice as needed, and will be holding multilateral sessions through online meetings.

この写真教育プロジェクトは、若手アーティストの個性を活かした写真表現の可能性を最大限に引き出し、国内外のコンペティション、展覧会、写真集出版やポートフォリオ制作などを通して世界にアプローチすることを目指す。その他にも新たな発表の手段など議論を交わしながら模索する。作品の最終形態に至るまで共に戦う。

現在、ドイツ、デュッセルドルフで定期的に作品研究会を開き、自身が撮影した写真を見せ合いながら議論し、必要に応じて助言を行っている、今後は、オンラインミーティングを通して多国間での交流も行なっていく。

 

For more information, please contact us using the contact form.
詳細は、コンタクトフォームから

 

Report on the artist's activities and exchange with students at Naoya Yoshida's seminar, Department of Photography, Osaka University of Arts (2019).

 

 

 

 

CURATION

Höhle / Franklinstr.XX, 40479, Düsseldorf / 2018

 

The installation Höhle is a final form of the photographic work Human Natur, in which the space of the home itself is presented as a work of art in order to document it.

インスタレーション Höhle は、写真作品 Human Naturの最終形態として記録する為に自宅の空間そのものを作品として提示し行われた。

 

Photographs Human Natur 2015 - 2018
For three years from 2015 Sakurai used the loft space of his house in Dusseldorf as a photographic studio for his work. A total of 34 models painted their principles on the walls, and their identities were painted over and extended, forming a space that changed its appearance each time. The models returned to their primal state, undressed and naked, to be photographed by Ryuta Sakurai. This is a sequel to the "Human Trip 2014 - 2015", a project inspired by cave paintings and going back in the history of western art.

写真作品 Human Natur  2015 - 2018
櫻井は、2015年から3年間、デュッセルドルフの自宅のロフトスペースを写真スタジオとして使用し作品制作を行った。計34人のモデル達が各々の主義主張を壁面に描き、それぞれのアイデンティティーが塗り重ねられ連なって拡張し、その都度 様相を変えながら空間が形成されていった。モデル達は原始に立ち返り服を脱ぎ裸の状態になり、櫻井龍太の撮影に応じた。西洋美術の歴史を遡り、洞窟絵画からインスピレーションを受けた “Human Trip  2014 - 2015” の続編である。

 

 

Sakurai's photo session was recorded and edited by videographer Moriwaki Subaru under the direction of Sakurai himself, and projected into the space.

When Sakurai first moved into his home in Dusseldorf in 2015, the room was already covered with an old blue carpet. One day, when Sakurai rolled up the old carpet to remove it, he found another beige carpet underneath it, followed by another old mat, and finally five carpets in layers. This is probably the result of the fact that the previous tenants, every time they moved into the house, did not remove the original carpets because they were too cumbersome, but put new carpets on top of them. Between the bottom of the five layers of rugs and the floor, we found a local newspaper from 1952 and an old, discoloured postcard addressed to the family who must have lived in the room at that time. Based on the age of the newspapers, it is estimated that they had been laid on top of each other for nearly 70 years. Sakurai began to work with the materials he had unearthed. He cut out the centre of the five layers of carpet and layered them in chronological order, with a postcard fixed to the old newspaper visible at the bottom.

櫻井のフォトセッションの様子は櫻井本人によるディレクションを元にビデオグラファーMoriwaki Subaru氏によって映像記録&編集され、空間内にプロジェクション上映された。

櫻井がデュッセルドルフの自宅に入居してきた2015年当時、既にその部屋には青色の古い絨毯が敷かれていた。ある日、櫻井は、その古い絨毯を取り去ってしまおうと捲り上げた時、その下にまた更にベージュ色の絨毯が敷かれていて、その下に続いてまた更に古いマットが重なり、最終的に計5枚の絨毯が層状になっていた。それは恐らくそれまでの入居者が、移り住む度に元々敷かれていた絨毯を、面倒であるが故に取り省かずに、その上に新しい絨毯を重ねて暮らしてきた結果である。その5層を成した最も底部に敷かれた敷物と床部の間には、1952年発行の地元新聞と、当時この部屋に住んでいたであろう家族宛に書かれた古く変色したポストカードを1枚みつけた。新聞紙の発行年数から約70年近く重なって敷かれていた事が推測される。櫻井は、発掘したそれらの素材を用いて作品を作り始めた。その5層の絨毯の中心を切り抜き、年代順に重ね層状を成しながら、最下部には古新聞に固定されたポストカードが中心に見えるような構造で、櫻井の部屋で起きた歴史的な実体験を、ブックマットに収められたストレート写真の額装作品に見立てて制作した。

 

 

Sakurai also printed a postcard with a selection of nude photos from Human Natur and wrote a message to herself in German every day for 365 days of the year 2018. The postcards were postmarked and delivered to the postman, who then sent them back to the post office. The postcards were eventually produced in the form of a book that was sandwiched between five layers of carpet on both sides and became part of the installation Höhle.

また櫻井は、Human Naturからセレクトしたヌード写真をポストカードとして印刷し、2018年の1年間365日に渡って、毎日欠かさず自分宛にドイツ語でメッセージを書いた。そのヌード写真が印刷されたポストカードに切手を貼って投函し、消印され郵便配達員によって届けられ郵便物として受け取る、というプロセスを日々繰り返し行なった。それらのポストカードは最終的に両サイドから5層の絨毯で挟まれるようなブック形式で制作され、インスタレーション Höhle の一部として機能した。

 

On the occasion of Sakurai's relocation, an exhibition entitled "Heimat" was held at his home with his roommate, artist K, from 14-16 December 2018. The installation Höhle is a cave in the space where Sakurai used to live and work, and the space itself is presented as a work of art. The exhibition was open to the public for three days and attracted a total of 46 visitors. Acquaintances, friends and people from the art world were invited to the exhibition, which was held in secret as part of Sakurai's relocation party.

2018年12月14日〜16日、櫻井の転居に際して同居人のアーティストKと共に自宅にて“Heimat”と題した展覧会が行われた。インスタレーション Höhle は、実際に生活し作品制作を行っていた住居スペースを洞窟として見立て、空間それ自体を作品として提示したものである。この展覧会は公開期間3日間で来場者は計46名。知人や友人、アート関係者を招待し、櫻井の転居パーティーを兼ねて密かに行われたものである。

 

“Heimat” 14th - 16 th December, 2018

 

 

 

PUBLICATION

Sakurai has gained an international reputation for his art photo book. His book "Human Trip" was shortlisted for the Dummy Book Award at the Unseen Photo Festival 2019, a photo art fair in Amsterdam. The book has been re-edited and improved, and in 2021 the Italian publisher 89books published the first edition of 300 copies. The book was designed and edited entirely under Sakurai's own art direction and is a massive work of 396 pages. 

櫻井は、写真集制作において国際的な評価を得ている。アムステルダムのフォトアートフェアUnseen Photo Festival 2019、ダミーブックアワード部門で、写真集Human Tripがショートリストにノミネートされた。その後、写真集は更に再考され、2021年にイタリアのパブリッシャー89booksから初版300部が出版された。写真集は全て櫻井自身のアートディレクションの元にデザインされ編集されている。396ページの大作である。

 

The photo book "Human Trip" has gone through seven prototypes and trial and error before it was published.

写真集“人間旅行”は、計7回の試作と試行錯誤を経て出版に至ったものである。

 

 

Enquiries about photo book production, editing and book design.
写真集制作、編集、ブックデザインに関するお問い合わせは、コンタクトフォームから

 

Photobook - Human Trip / 人間旅行

In April 2014, Photographer Sakurai Ryuta traveled through 9 Asian countries in backpack style to visit India. Sakurai took nude photos of local people while his ascetic practices when he visited temples in each country. It was a spiritual practice for Sakurai and physical communication to deepen understanding across languages and races. This photobook is based on a diary record during Sakurai's journey and consists of photographs, texts, and illustrations laid out in chronological order.

2014年 櫻井は、インドを目指し、バックパックを背負いアジア9カ国の放浪の旅に出た。彼は各国の寺院を巡りながら、現地の人々のヌード写真を撮影した。それは櫻井にとって精神修養であり、言葉や人種を超えた身体的なコミュニケーションであった。この写真集は櫻井の旅の日記帳を元に、写真、文章、イラストで時系列に構成されている。

Human Trip  -  Sakurai Ryuta 

Text by Sakurai Ryuta
Softcover
Page: 396 pages
Size: 150 × 210 mm
English text
Digital print

Published by 89books
1. Edition 300 copies
02 / 2021
Price: €45.00 (Inc Tax)
ISBN 979-12-80423-04-7

テキスト   櫻井 龍太
ソフトカバー
396 ページ
サイズ 150 × 210 mm
英語テキスト
デジタルカラー印刷

89books(イタリア)
初版 300 部
2021年2月
価格 €45.00 (税込)

Please make an inquiry below if you have any questions related to the purchase.
ご購入に関するお問い合わせは、コンタクトフォームから

 

 

Zine - My Sister & flying squirrel / 姉とモモンガ

2009, photographer Sakurai Ryuta took photo shooting of his sister and her pet: a flying squirrel “Eddy" to document her 30th birthday. A few years later, one night after a storm, Eddy slipped out of the window of their house and set off deep into the forest. 

2009年、櫻井は、彼の姉と、彼女のペットのモモンガのEddyと一緒に、姉の誕生30周年を記録するために写真撮影を行なった。それから数年後、ある日の嵐が過ぎ去った夜、Eddyは家の窓から抜け出して、森の奥へと旅立った。

My Sister & flying squirrel  -  Sakurai Ryuta

Text by Sakurai Ryuta
Soft cover
Page: 32 pages
Size: 150 × 210 mm
English text
Digital color print on recycled paper

Published by Bad Weather Press
Limited edition of 50
04 / 2021
Price: €7.25 – €14.30 (Inc Tax)

テキスト   櫻井 龍太
ソフトカバー
32 ページ
サイズ 150 × 210 mm
英語テキスト
デジタルカラー印刷 リサイクル紙

出版 Bad Weather Press
限定 50 部
2021年4月
価格 €7.25 – €14.30 (税込)

Please purchase from the publisher's site.
ご購入は、出版元サイトから